甲府市長対談

2021/01/08 | その他

令和2年12月24日、三澤理事長と甲府市長 樋口雄一様との対談が行われました。コロナ禍での今後の甲府市・県内で行われるイベントへの情報、そのイベントへの参画・協力など、どのように㈳甲府青年会議所として関わっていけるかを考えるきっかけとなる対談でした。

 

以下、対談の内容です。

 

樋口市長:1月から理事長に就任するということでよろしいですよね。

 

三澤理事長:そうですね。1月1日から12月31日までが任期となっています。

 

樋口市長:2021年のテーマは何ですか。

 

三澤理事長:挑戦をテーマにしています。(社)甲府青年会議所もちょうど70周年を迎える節目でもあります。2020年度はコロナ禍ではありましたが、細田が理事長として甲府市役所様にもご協力いただいて、折り鶴で描くミレーの絵の事業を行ったり、地域のことを思いながら活動してきました。2021年度もコロナ禍の状況でのスタートとなりましたが、地域の方たちのために何ができるのかを考えながらやっていきたいと思います。

 

樋口市長:いろいろな会議や、理事会などリモートでされているのでしょうか。

 

三澤理事長:今はできる限りは対面を選んでいますが、状況に応じて、対面参加、WEB参加の者もいますし、議題が少ない時にもWEBを活用している状況です。また、総会なども書面での決議で行ったこともありました。

 

樋口市長:普段でしたら、もっと交流があったかと思うのですが、このような状況でやり取りが少なかったかとは思いますよね。

 

三澤理事長:そうは言っても何か今後アクションを起こしていかなければならないですよね。

 

樋口市長:今はコロナの第三波で勝負の時です。もう少し先になりますが、暖かくなって信玄公祭りを始めとしていろいろな行事も動き出すのではないかと考えております。基本的には行う方向で、参加者数を減らすなど、様々なパターンを考えています。これからの話し合いになることですが、前向きに行っていきます。

 

三澤理事長:甲府市さんが信玄公祭りを行うと決断いただければ、周囲の市長の皆様へも波及していくのではないでしょうか。

 

樋口市長:信玄公祭り自体の主催は県なのですが、知事はおやりになると現時点ではおっしゃっていますので是非、皆様にも参画していただきたいと考えております。来年はちょうど信玄公の生誕500年でもあります。信玄公の誕生日は11月3日なので、春の信玄公祭りと秋の生誕祭のようなものができるのではないかと。コロナの状況にもよりますが、甲府青年会議所も70周年とメモリアルな年になりますね。協力し合って是非よいものとしたいですね。

 

三澤理事長:そのほかは、計画通りに進められるのでしょうか?

 

樋口市長:例えばキックオフイベントを2月に行って、賛同する市町村で花火を打ち上げ、コロナ禍で出来なかった花火を花火師さんの支援も含めて行おうとか、過去にお化け屋敷などを行っていただいた小江戸の夏祭りや甲府大好き祭りなども昨年は中止になりましたが、今年は復活というか通常通り行いたいと考えています。

 

三澤理事長:花火などは最近は密にならないように告知無しで行われることが多いですが、そういった形式でしょうか。

 

樋口市長:信玄公まつりの実行委員会の告知くらいでそっと告知をする程度とか、やり方や発信方法は今後考えることになりますね。ただ、他の市町村でも例えば北杜市とか都留市とかで打ち上げるという計画を連携して行うようなことを聞いております。詳しいことまでは関わっていないのですが、協力をしていきますという話にはなっております。

 

三澤理事長:日本青年会議所でも今年このような活動ができなかったので、オリンピックの開会する日に全国47都道府県同時に同時刻に花火を上げることを行ったりしていました。やはり花火は見た人も喜んでいただけるし元気にもなるし素敵なものですよね。

他に、甲府青年会議所として関われるようなことはございませんか。

 

樋口市長:イベントではお祭りをメインとしていくつか実行委員会ができますので、それぞれの会議などに参画していただくことにはなると思いますね。日本女性会議のプレ大会はもう終わってしまったのですが、2021年度には、甲府市がメインの会場になって本大会を開催します。初日はYCC県民文化ホールで内閣府の女性の方が講演してくださったり、林真理子さんもお越しになってくださったりして、2日目は山梨学院大学で、そして3日目にエクスカーションを行う予定です。2020年は刈谷市でリモート開催になってしまったのですが、2021年は甲府で大々的にできるといいですね。

 

三澤理事長:2021年度はこのような状況下で一つの場所や、駅前や北口などで人を多く集められない中でどのようにやっていくのか計画中ではありますので、甲府市さんにはメインで関わっていただくことになるかと思いますのでご協力をお願いいたします。

 

樋口市長:いろいろ連携をし合っていきたいですね。ゴールデンウィーク前に、舞鶴城の南側の東京電力さんのビルに子供の運動遊び場をオープンします。遊びながら体力をつけてもらう施設になります。ヨドバシさんもまちづくりまでお手伝いしたいとおっしゃってくださっています。

歴代の理事長様方とも意見交換させてもらったり親しくさせてもらっていますので、コロナで足踏みしてしまったところはあったかと思いますが、また関係を強固にしていければありがたいと感じております。

 

三澤理事長:総括すると、信玄公祭りと秋の生誕祭のような行事をご計画されているということで、そのお話を受けて、地域の街づくりを行う委員会で情報共有を行いたいと考えております。また何かご協力いただくこともあるかと思いますが、良い案を持ってまいりますのでご協力のほどお願い申し上げます。

過去の記事

「山の都ハイカライトアップ」の「ハイカランタン」作りが行なわれました。

「山の都ハイカライトアップ」の「ハイカランタン」作りが行なわれました。

2021年9月23日、地域の魅力浸透事業「山の都ハイカライトアップ」の「ハイカランタン」作りが行なわれました。
「山の都ハイカライトアップ」の「ハイカランタン」作りを行ないます。

「山の都ハイカライトアップ」の「ハイカランタン」作りを行ないます。

2021年9月23日(木)、「山の都ハイカライトアップ」の「ハイカランタン」作りを行ないます。
理事長所感(9月)

理事長所感(9月)

甲府青年会議所では8月例会をWEB配信という形式で開催させていただきました。